2008年10月24日

紙袋の子犬

昨日、「NEWS ZERO」で放送された『袋に犬入れ「処分して」』。

私は見る気がしなかったので見ませんでした。
タイトルから容易に想像がつくので。

いつも拝見している里親ボランティアのHPで、その紙袋に入れられた子犬のその後について載っていました。
子犬は個人ボランティアさんが引き出し、大事に保護され、お見合い予定あるそうです。
幸せになってもらいたいなぁハートたち(複数ハート)

全世界、安易に殺処分しないような仕組みにならないのでしょうかね。
動物が悪いのではなく、人間が悪いのに。
とってもどよどよ霧した気分になります。
自分にできることって何があるんだろう・・・って思うのですが、募金有料とか救援物資を送ることしかできなくて。
不甲斐無いです(x_x;)
posted by matsuyuki at 13:52| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまにやりますね、その手の特集。
放映後に何か変わるのでしょうか。
だったら良いけど。
ドイツみたいに、ペットショップを一切なくして
飼うならブリーダーか動物愛護センターから貰い受けるとか、
毎年税金がかかる様にするとか・・・
飼えなくなったら処分!じゃなくて愛護センターが引き取る仕組みを
ちゃんと整備して欲しいです。

でも日本のペット業界ってヤクザが絡んでるから難しいのでしょうね。
お金とか権力とか保身が最優先で、命を粗末にしても平気な政治家が動かす日本は、本当に豊かなのでしょうかね・・・。
私には何ができるのだろう?っていつも思います。
来年は田舎に引っ越すので、そこで動物保護のお手伝いをするつもりです。
Posted by ぷちまよ at 2008年10月24日 16:37
ふちまよさんへ

> たまにやりますね、その手の特集。
> 放映後に何か変わるのでしょうか。だったら良いけど。

私はやらないよりはやったほうがいいと思います。
劇的に変わるというのは無理でしょうけど、マイナスにはならないんじゃないかと。

> ドイツみたいに、ペットショップを一切なくして
> 飼うならブリーダーか動物愛護センターから貰い受けるとか、
> 毎年税金がかかる様にするとか・・・
> 飼えなくなったら処分!じゃなくて愛護センターが引き取る仕組みをちゃんと整備して欲しいです。

本当にそうですよね。
そんな私もゴン太を迎えるまでは、恥ずかしながら考えることが殆どありませんでした。
他の国にできて、日本で出来ないことなんてないですよね。
シェルターとか作ってほしいです。

> でも日本のペット業界ってヤクザが絡んでるから難しいのでしょうね。
> お金とか権力とか保身が最優先で、命を粗末にしても平気な政治家が動かす日本は、本当に豊かなのでしょうかね・・・。

金銭は豊かでも心は貧しいんでしょうね。
同じ命なのに・・・
自分がもう要らないからって処分される場合の事とか考えないんですかね(`へ´)プンプン
あ〜〜〜ホントに嫌になります。

> 私には何ができるのだろう?っていつも思います。
> 来年は田舎に引っ越すので、そこで動物保護のお手伝いをするつもりです。

できることから少しでもやっていきましょう!
その時がきたら「保護のお手伝い」頑張ってください!
Posted by matsuyuki at 2008年10月24日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108541069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。